未経験職種 転職

未経験職種にチャレンジしたい!転職活動を始める前の第一歩

 未経験の職種にチャレンジする為に転職をするなら事前に3つの事を知っておきましょう。1つ目は未経験はやはり不利であるという事です。これは当然なことで、多くの企業は即戦力として働くことが出来る人材を探していることが多く、教育制度が充実しているところでなければなかなか未経験では採用を狙うことが出来ないことがあります。

 2つ目はアピールすることの重要性を知ることです。経験者が有利というのは誰もが知っていることですが、だからと言って可能性がゼロなわけではありません。経験がないというデメリットを埋めるためにはしっかりと今の自分の魅力をアピールするしかありません。

 これはどうしてその会社で仕事をしたいのか具体的な理由を説明する、あるいは経歴が豊富な人ならそれは有効なメリットでもあるので、そうした自分のメリットという部分をしっかりとアピールしながら転職活動をしていくようにしましょう。

 3つ目は仕事の探し方ですが、これは自分で採用を狙える転職先を見つけることが難しい場合は転職エージェントなど人材紹介を利用してみると良いです。この仕事を探す方法も結構重要な点であり、いろんな方面から仕事を探していくことはとても効果的な転職活動となります。


未経験転職


あなたは大丈夫?「この会社よさそう」という漠然とした選び方は要注意!!



 転職活動で新しい仕事を探す時に、自分が働く会社のことはよく考えて応募することが大事です。なんとなく、この会社よさそうだなと考えて安易に応募すると、入社後に後悔してしまうこともあります。

 求人募集の紙だけでなく、ホームページを見て情報を見たり、条件をよく確認することが大事です。転職活動では、気を付けて見た方が良い点は、いくつかあります。仕事内容が一番確認したい所です。

 写真で見たら楽しそうに掲載されているけれど、実際は大変なこともあります。雇用形態も確認した方が良い点です。最近は、アルバイトから始めて様子を見てから社員登用する会社もあります。よく見て、正社員なのか契約社員なのか確認しましょう。

 また、給与のことは大事なことです。営業成績の良い人の給与だけ大きく掲載されている場合が多いですが、最低賃金はいくらなのか見てみましょう。休日がいつなのかを確認しないと、休みの予定が入れられなくなるので、シフト制なのかを確認した方が良いです。

 他にも、従業員数や経営ビジョンもチェックしておくと良いかもしれません。あまりにも従業員が少ないと、人手不足で離職率の高い会社の可能性があります。転職活動をする上で、100点満点の場所はないと思っておいた方が良いです。しかし、色々な条件を自分で選択することは出来ます。



転職活動がなかなかうまくいかない時に確認すべき3つのポイント



 転職活動がうまくいかないと悩む方も多いです。特に、未経験で応募しようとすると、経験者の方から採用されてしまうこともあります。転職活動を頑張っているけれど、なかなかうまくいかないと感じる時には、確認したい3つのポイントがあるのです。

 敗因分析と対策をしっかりとする必要があります。一つ目に、書類選考で不合格になっている場合、書類を見直してみましょう。志望動機はきちんと納得できるものなのか、経験と職種がミスマッチではないかです。

 二つ目に、面接で不合格になる場合、自己アピールがきちんと出来ているか確かめましょう。堂々としている人の方が採用されやすいですが、緊張してうまく話せない人もいます。面接が苦手と感じるなら、家族と面接練習をしてみたり、家庭用のビデオカメラで見て確認してみましょう。自分の悪い所を一つ一つ直すことで改善できます。

 三つ目に、求人サイトなどの情報を集めましょう。未経験の場合、すぐに採用されないので、あまり人が応募しないような求人に応募した方が良いです。情報は、新聞やハローワーク、人材紹介や転職フェアなど、色々な場所にあります。色々と頑張っているけれど疲れてしまった時には、気分転換に外を散歩したりしましょう。



転職で後悔しない!会社選びで重要なこと



 転職先の選び方には、重要なポイントが三つあります。一つ目は、「プライオリティーを明確にする」。これは、転職活動の当初から一貫していなければいけないわけではありませんが、最終的には明確にしておく必要があります。

 「年収500万円以上」「仕事内容は法人営業」など、譲れない点を二つまで決めておきましょう。二つ以上になると、選択肢が極端に減ってくるからです。転職先の選び方のポイントの二つ目は、「社風を確認しておく」。

 せっかく入社してもすぐに辞めてしまうケースの多くは、「社風が合わない」ということが原因です。社風が合わないと、高いパフォーマンスを持っていても十分に発揮できません。同じ業種でも、社風は会社によって異なりますから、できれば現場の従業員と会わせてもらい、雰囲気を掴んでから入社するかどうかを判断したほうがよいでしょう。

 三つ目は、「採用通知書を出してくれる所を選ぶ」。入社してから、「面接の時と労働条件が違う」というケースは少なくありません。言った言わないの水掛け論を避けるため、採用通知書は貰うべきです。たいていの所は、申し出れば出してくれますが、中には渋る所もあります。そういう所は、避けたほうが無難です。

 

サイトマップ